学校の概要

現在の生徒数

1年生2クラス
2年生2クラス
3年生2クラス
4年生2クラス
5年生2クラス
6年生2クラス

※ (男子166人、女子269人、計435人)
※ 令和三年5月 現在
※ 後期課程(4・5・6年)は国際科学科です。
※ 5・6年1組は国際文化コース、2組は自然科学コース です。

本校の特色

  • 授業時数の確保:前期課程(年間)標準1015時間 →1050時間(1,2年)1085時間(3年)、後期課程(週)標準30単位時間→35単位時間
  • 理解度・定着度の確認と補充学習
  • 毎朝の読書(前期課程)と朝テスト(後期課程)
  • 少人数学習(数学と英語)
  • 長期休業中でのチャレンジ学習等
  • 各種検定を利用した学力点検と目標の設定
  • 6年間一貫した計画的・継続的な教科指導
  • 個人カルテによる進路・学習指導
  • 2学期制の採用
  • 後期課程におけるコース制(国際文化コース、自然科学コース)
  • 週末講座の実施
  • 広く深く学べる環境(中・高双方の教員)

目指す生徒像

Ⅰ 目的意識・学習意欲を持った生徒

「将来の夢は?どんな生き方をしたい?」 未来に向かって夢を育てよう!

  • 2人担任制
  • 異学年交流

Ⅱ 自己理解できる生徒

「本当にしたいことは?自分の適性や能力は?」 本当の私を語れるようにしよう!

  • ポートフォリオ評価
  • きめ細やかなガイダンス   

Ⅲ グローバルな視点を持った生徒

「広い視野から進路を考えられるように」 グローバルな視点を身に付けよう!

地域から

  • 地域の自然
  • 文化
  • 歴史
  • 産業の探求や体験活動
  • 海外事情等講演会
  • 生き方講演会

世界から

  • 海外の学校との交流
  • イングリッシュセミナー
  • オーストラリア海外研修(4年次)

燕中等教育学校校章

  • 咲いている花をモチーフにしました。
  • 6つのTは学年を表します。
  • そのうち上部の色分けされた3つは、光、力、英知を表します。
  • またそれぞれのTは燕をモチーフにしました。
  • 学校に人材(生徒)が集結するイメージとそこから外に向かって発せられる
  • 光、力、英知の力強さを表現しています。

燕中等教育学校校歌 作詞・作曲 梅原司平


(画像をクリックすると校歌が流れます)

シンガーソングライターの梅原司平さんに、校歌を作っていただきました。普通、校歌が歌われるのは、入学式・卒業式・始業式・終業式・朝会などほとんどが「式」の中です。しかし、燕中等教育学校の校歌は、日々歌われて希望を胸に抱くことができるよう、また葛藤場面に陥り悩んでいる時にも口ずさまれ、生徒の内面に響き、遠くに光を見つけることができることを願って作成されています。



実り豊かな  越後の大地
恵みを受けて  生まれた生命
遠い祖先の 夢をうけつぎ
未来の扉を叩け
支えあう友情  分かちあう喜び
教室の窓辺に  愛の光あふれる
世界をめぐる 燕のように
遙かな未来をめざせ

生命育む 信濃の流れ
弥彦の峰に  届く海鳴り
故郷の歌 いつも心に
平和の扉を開け
求めあう真実 学びあう楽しさ
放課後の校舎にいつも歌があふれる
大空駆ける 燕のように
新たな歴史を描け

梅原司平さんが本校に寄贈してくださいましたアンネのバラです



生徒必携


学習の成果



部活動紹介

  • サッカー部
  • バスケットボール部
  • バレーボール部
  • ソフトテニス部
  • 空手道部
  • 弓道部
  • 音楽部
  • グローカル部
  • サイエンス部
  • 美術部